朝倉あき!かぐや姫の理由は?演技上手い?感想?評価?あらすじ?

Sponsored link

ジブリ映画「かぐや姫の物語」のヒロイン声優に大抜擢された朝倉あきさん!
ネット上では引退と検索されている方が非常に多いですが彼女は引退しませんよ!!
きっと、「ジブリ 宮崎駿 引退」の流れでワードが混ざったのかなと思います(笑)

朝倉あき,かぐや姫,理由,上手い,感想,評価,演技,あらすじ

2013年11月23日に公開される「かぐや姫の物語」ですが
収録はなんと2年前なんですねw
高畑勲監督はこだわり過ぎて、異様に時間がかかってしまう
鈴木敏夫プロデューサーも話していましたが(笑)
なので朝倉あきさんは2年越しにやっと完成した映画を見れた訳ですね。

こんなことになった理由は鈴木敏夫Pや担当の西村義明Pが
「時間かかるから先に声優決めちゃおう!」という鶴の一声で決定したからです^^
ここからプレスコ方式の採用となりました。
プレスコ方式とは最初に声優さんに声を入れてもらい、後から画を合わせることです!
これは・・・かなり、絵描きさんが大変そうですよね~
逆にイメージが湧くのかも知れませんがw

では、声入れが始まって2年越しにやっと映画が完成するという
稀な体験をした朝倉あきさんのプロフィールを見てみましょう!

名前:朝倉あき(あさくらあき)
生年月日:1991年9月23日
血液型:B型
身長:165cm

「てっぱん」「純と愛」「江〜姫たちの戦国〜」とNHKでの活躍も記憶に新しいですね。
今回の「かぐや姫の物語」に抜擢された理由が

「ワガママな声の持ち主だから・・・」!!!

その他に集まった候補はみんな受動的な印象を高畑監督が感じていたそうです。
「違う。これじゃない・・・」
そんな中、朝倉あきさんの順番でハッとなり、思わず鈴木Pの顔を見ました!
ピーンときたんですね^^
理屈じゃなく、何かが突然分かる時って実際にありますよね?w
そんな感じなんでしょうね、きっと。。。

朝倉あきさんの声の中から、「ワガママで強い意志」を
持っていることに気付き大抜擢された訳ですね!!

朝倉あき,かぐや姫,理由,上手い,感想,評価,演技,あらすじ

NHKドラマの頃から、演技力には定評があった朝倉あきさん。
画に合わせて声を入れるのではないので、ただの声優をするよりも
自分の世界観に入っていけたんでしょうね。
演技の質は間違いなく、ジブリ作品の中でもトップクラスでしょう!

まあ、ジブリの声優さんをやった人を素直に「上手い」と褒める人ばかりでは
ないのでネット上で物議をかもすのは間違いないですねw

鈴木Pの評価はかなり高く、この「かぐや姫」の中での名言である
『私は誰のものにもならない!』というセリフに
「素晴らしいね!良かったよ!!」と感想を残しています。
さっそく、映画を観た方々の中には
「もう少し女性らしい方が好み・・・」
「現代の強い女性の時代にはピッタリ!」等、様々な感想が
述べられているようです。

Sponsored link

どんな内容なの?あらすじは知っておきたい方のために
簡単に説明させて頂きます^^

まず元々、知っているかぐや姫の物語とは一線を画する内容となっています。
コンセプトとなっているのが「かぐや姫」は本当はどんな気持ちだったんだろう?
ということからスタートしました。
最終的には月へ帰らなければならない・・・
でも帰りたかったのか。いや、帰りたくはなかったはず。
そう考えた高畑監督によって、アレンジというよりは再構築された
「現在に蘇ったかぐや姫」を楽しんで下さいとのことです^^
5人の皇子とのやりとりも注目ですね^^

朝倉あきさんの美声と演技がかぐや姫として観ることが出来るなんて
もう要チェックですね!!

朝倉あき,かぐや姫,理由,上手い,感想,評価,演技,あらすじ

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

このページの先頭へ