嗣永桃子キャラはいつから?大学の素顔は?アンチはももち結び嫌い?

Sponsored link

ぶりっこキャラ全開でファンからアンチまで幅広く認知されている
「ももち」こと嗣永桃子さん!
大学も真面目に行っているようで教育実習を都内の小学校で行ったそうです。
あのキャラで実習は出来ないでしょうからキャラを封印したんでしょうね^^
態度は実習の評価対象にもなりますから(笑)


http://ameblo.jp/tsugunaga-momoko-blog

そんなアイドルの嗣永桃子さんにフォーカスを当てていきましょう!

名前:嗣永桃子(つぐながももこ)
愛称:ももち
生年月日:1992年3月6日
血液型:O型
身長149.9cm

身長はもう150cmでいいじゃないかと思いますが・・・w
ここにもアイドルのプロ意識があるのかも知れませんね。

嗣永桃子さんといえばテレビで元気いっぱいのぶりっこキャラで通してますが
いつからなんでんしょうか?プロのアイドルですから普段とは全く違うものでしょうね。
そんな疑問がありまして調べてみました^^

ぶりっこキャラがまとまったのは2006年頃と言われています。
元々、モー娘。石川梨華さんのファンから芸能界へ入ってきた訳なんですが
その石川さんのナルシストキャラを元に2004年頃からキャラ作りを始めました。
石川さんのクールなナルシストではなく、明るいおバカタイプですね。
よく、「道重さゆみさん」と比較はされているようですが。。。こちらはやや石川さんタイプでしょう^^

嗣永桃子さんほどのアイドルですと熱烈ファンが付いていますが
どうしてもアンチの方も多くなってしまいます。
これは芸能人全般に言えることなんですが有名になればなるほどファンもアンチも増えていきます。
仕方がないことですし、有名になったバロメータとも言えますよね!

Sponsored link

そこで、嗣永桃子さんのアンチがどんなところが嫌いなんでしょうか?なぜ、嫌われてしまうんでしょう?
調べてみるとまず、女性陣からは圧倒的に嫌われていました!
「計算高そう」
「しゃべり方がいや」
「男性に媚を売りすぎ」等々
色々、女性から嫌われていますが「ぶりっこキャラ」を設定した時点で
女性陣からの人気は捨てているんでしょうね^^
過去の例ですと小倉優子さんも絶頂期にはだいぶ嫌われていましたし・・・

男性のアンチの方々はどう思っているんでしょう?
ダントツで多かった意見が
「ももち結びが可愛くない!」
個性的な髪型で覚えてもらおう感があるとは思いますけど
私もツインテールの毛先の「ツン」とした部分には
少しイラッとしたことはあります(笑)

まあ、キャラはともかくとして、この髪型が嫌われているようですね・・・
そんなに変?と私は思いましたが色々調べていくと
「そんな髪型しなければ、可愛い方なのに」という意見も多いことに気が付きました!
といっても本人はどこ吹く風でやめる気はさらさらないようですが。。。
そんなアンチの方も納得できる画像がこちらです。


http://ameblo.jp/tsugunaga-momoko-blog


http://ameblo.jp/tsugunaga-momoko-blog

感想としては「やれば出来るじゃないか!!」と素直に思いましたね(笑)
ロンハーの奇跡の一枚の写真ですがこれは可愛い!!
これで教育実習に行けば、問題ないでしょう^^

その教育実習の際はどうだったんでしょうか?
大学での嗣永桃子さんの素顔は真面目で大人しいとのことでした。
あまり目立たないようにしているようですね。
もちろん、プロ意識が高いと評判の嗣永さんなのでオンオフは
ハッキリ使い分けが出来ているんでしょう^^
目的意識をきちんと持って、大学へ行っているということが良く分かります。
普通は遊んでしまう大学生活ですが彼女ほど芯がしっかりしていれば問題も無さそうです。
まあ「アイドルとしてのオーラが出過ぎてしまう」らしいですから
素性を隠すのは難しいんでしょうね^^
教育実習ではどうでしょうか?


http://ameblo.jp/tsugunaga-momoko-blog

さすがにこのももち結びは止められたんでしょうがw
授業内容も特に問題なく進めていたようです。
素敵な事に教育実習後に小学校の生徒さんから似顔絵までもらったとか^^
自分の教師として足りない点も認識出来たと思いますから、今後とも頑張ってほしいですね。
いつかは芸能界から教師へ行ってしまうんでしょうか・・・
寂しいような気もしますがそこは意識の高い嗣永桃子さんですから
よく考えているんでしょうね^^
これからも応援していきましょう!!

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

このページの先頭へ