給食のパンにハエが・・・どこの工場が出荷した?理由は?

Sponsored link

衝撃ニュースがまたもや全国を駆け抜けていきました!!

なんと、岐阜県可児市の小・中学校で配膳されたパンに混入していたのは・・・

ハエだったんです!!ハエ!!!

hae

 

 

 

こんな感じでしょうか!!!

いやあ、これはキツイですが可児市の給食センターは

「健康被害の影響無し!」とのことで

ハエを取り除いて食べるよう、学校へ指示したなんていうから

これは大変なことが起こりましたよ・・・

 

そのパンを製造したのは岐阜県可児市の

隣接している御嵩町(みたけちょう)で製造され、ハエ入りパンは

9月2日、9日に出荷されています。

 

なぜ、ハエが混入したのか・・・

 

それは工場内の窓の網戸の隙間からオーブン付近に侵入し、

パンを焼くため、温めた所・・・

鉄板の上に死骸が散らばり、そこにパン生地を乗せ、焼いてしまったんですね!!

本気でトラウマになりますよこれは・・・

私は虫が大嫌いですから、こんなパンを見た日には

パンを全て細かくし、異物が混入していないか確認してからじゃないと食べれませんね><

 

これがホントの「ムシパン」ってやつですね!!!

 

フフフ・・・

 

まあ、今後の対策として工場側が窓の隙間をシリコン等で完全に埋め、

網戸も目の細かいものに交換することで対応しているそうです。

 

ただし、問題はこれだけではありません・・・

ハエがパンについていることが分かった時、学校側は

「ハエを取って、食べなさい!!」と指導したというのですから恐ろしい・・・

 

このパンを出されてしまった、ちびっ子の諸君!!!

トラウマは大人になっても治らないから、気をつけろよ!!!

私は大人として、こんな指導しか出来なかった教師達が悲しいです・・・

きちんとした学校給食のあり方をもう一度考えて行きましょうね!!!

 

 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

このページの先頭へ