松井咲子ピアノの腕前は?プロ級?似てる?在日?出身詳細?

Sponsored link

絶対音感の持ち主でピアノが得意、

東京音大にも通ってる松井咲子さん。

松井咲子3

 

作っていないピュアな魅力を感じています。
まずはプロフィールから

名前:松井咲子(まついさきこ)
生年月日:1990年12月10日
出身地:埼玉県蕨市
身長:167.5cm
スリーサイズ:B80 W62 H86

松井咲子さんはピアノが非常に得意とのことで
もっぱらプロ級なのかと論議されています。

彼女の腕前は
ミリオンコンクールにて優秀賞を受賞!!

また海外の海外の楽団とコンチェルトに
参加したこともあります。

彼女のピアノのソロアルバムを聞いてみたところ、
確かに素晴らしいと思いました。
プロ級の線引きが難しいですが
「ピアノでお金がもらえる」という線引きであればプロ級、
「交響楽団でメインを張れる」というものであれば、
正直物足りなさは感じました・・・

でも!技術は本当にスゴイとは思いましたよw
アイドルに交響楽団レベルを求めちゃいけないかも・・・ですが

 松井咲子24

ず~と彼女、どっかで見た気がしてならないんですが・・・と思い、
調べてみたところ、ナルホド!この人に似てるんだw

保田圭

面影が似ていますよね?W
もちろん、松井咲子さんのがカワイイと思いますけど!
ネットでもこのイメージを共有している方が多かったので
とてもスッキリしました!

Sponsored link

さて、彼女は在日なのか?という問いですが
そもそも、噂がたったのは苗字の「松井」だからですね。

「松井稼頭央」というプロ野球選手がいますが
彼のおじいさんの苗字が朴さん。

松井=朴だから、松井という彼女は在日だ!という論理です。
ちなみに松井秀喜さんはお父さんが宗教家で
松井の苗字と重なって、疑惑が立ちましたが
家系図により、純日本人という証明がなされています。

そうなると「木下」は「朴」を分けて苗字にしたから、
全員在日かというとそうでもない・・・
これと同じことですねw

松井という苗字は元々、百済から来た朝鮮半島の方々が
日本へ来た際、その苗字を名乗った説がありますが
本で苗字が使用されたのは鎌倉時代と言われています。
この時点で百済という国自体がすでに滅んでいますので
松井=朴ではない証明となっています。

松井という苗字は清和源氏の流れを汲む
立派な武士の苗字であり、宮仕えをするくらい
身分の高い方々もいます。

という訳で彼女の祖先すべてを知るわけではありませんが
在日ではないですね!
祖先に1人くらいいるかも知れないじゃないか!と
思うかもしれませんが渡来人を含め始めると
日本の地理上、九州北部やその周辺の出身者を祖先とする方は
全員、在日扱いとなってしまいます。
これは明らかに違いますよね?
よって、松井咲子さんは在日ではない証明であります!!w

ですから、松井珠理奈さん松井玲奈さんも違うんですよ!!

 

 

熱く語り過ぎました・・・w

松井咲子さんの話へ戻りましょう~
彼女は埼玉県蕨市の出身です。
ブログに「浦和育ち」とありますが
預けられていたのでしょうか?
彼女の経歴とは食い違いますね。。。

小学校は「蕨市立中央東小学校」!!
どんなところでしょうか?
見てみましょう!

この小学校は蕨市の南部に位置しており、

蕨1

 

この囲った辺りが学区となっています。
北に蕨駅があるので地図で見切れている上の部分も学区内と思われます。
この辺りで小学生時代を過ごしたとイメージが湧きますよねw

このお店とかいったのかなぁ?とかの妄想は
個人でお願いします!!w

松井咲子1

素敵な特技を持っている松井咲子さん!
これからも応援しますよ!!

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

このページの先頭へ